憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

大注目の「諭吉」はどんな人物

ノンカテゴリ

大注目の「諭吉」はどんな人物
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

福沢諭吉はどんな人物


深沢諭吉といえば大体ほとんどの方が知っていると

おもいますが、一万円札に描かれている人物のあの

「学問のすすめ」で有名な人物です。

福沢諭吉

1835年1月10日

1901年2月3日 (満66歳没)

慶応義塾の創設者

諭吉先生は一万円札に描かれるぐらいなので

真面目な方であると思われるんですが、そこが

やはり偉業をされるだけあって違いました。大酒

は飲むはタバコはやるはの生活をしていたと驚き

の方でした。

福沢諭吉の偉業


福沢諭吉のことはみんな一万円札に描かれてい

るだけあり、ほとんどの方が知っていると思い

ますが、どうして一万円札に描かれているのか

知らないか方も多いと思います。諭吉先生はこ

こがすごかった。一万円札に描かれるだけあるね。


福沢諭吉の功績
福沢諭吉は1万円札の肖像画にも抜擢されるほどですので、相当な功績を残しています。彼の生い立ちや性格、名言や格言をお話しする前に、少し福沢諭吉の偉業についてお話をしてみましょう。

海外へ出向き、世界の文化を日本へ持ち込んだ

その時代には大変珍しい、今で言う海外留学のようなことを福沢諭吉はおこなったと言われています。海外で見て触れて体験したすべてを、福沢諭吉は日本に持ち帰り積極的に取り入れようとしたのです。それは、これまでの学校や病院などの古い体質やシステムを刷新するものでもありました。

海外の良い点をどんどん取り入れることで、今まで日本人には馴染みのなかった外国の「衣食住」を定着させていきました。もちろん、保守的な人たちからの嫌がらせや反対もありましたが、福沢諭吉はそれに屈することなく、新しい日本の姿を夢見て突き進んできたのでした。

語り継がれるよき指導者

現代社会の基盤ともなりうる福沢諭吉の「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」という名言・格言は、誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この名言・格言からも分かるように、学ぶということに差別があってはならないと、福沢諭吉は強く感じていたのでしょう。

学者としても、啓蒙思想家としても評判の高かった福沢諭吉は、自分の持っている知識を、少しでもたくさんの方とシェアすることを望んでいました。そのためにはそれらの知識を書物として残すことをおこなっていたのです。『学問のすゝめ』や『西洋事情』もそれにあたります。

海外への渡航歴もあることから、福沢諭吉は語学にもたけており、英語をもっとも得意としていました。それを生かし、翻訳の仕事もこなしていたそうです。常に誰かのために良い国を作ろうとする姿に、人は自然と集まってきたのでした。

保険会社・銀行・新聞の天気予報

当時ヨーロッパですでに確立されていた保険のシステムを、日本に取り入れたのも福沢諭吉はです。すべてにおいて封建的な考え方が根強かった当時の日本では考えられない画期的なものでした。国家や、一定の地域の金融機構の中核ともなる存在である『中央銀行』の考えたかたを日本に伝えたのも福沢諭吉といわれています。これはかなり有名な話です。この時一緒に『複式簿記』を伝えており、日本銀行の設立や、日本の経理についての基盤づくりに大きく貢献しました。

少し変り種なのが、新聞に初めて天気予報を掲載させたのが福沢諭吉だということです。現代の新聞でも見かける、『お天気マーク』のもととなる図柄なども一緒に掲載していたといわれています。

出典 http://mayonez.jp

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!